Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

メキシカン・インフルエンザ(新型豚インフルエンザ)は人造ウィルス?: ウィルスは実験室で造られた?

2014年1月30日

1. 新型インフルエンザが、なぜメキシコで発生?

オーストラリアの科学者ギブス氏とマスコミとのインタビューが波紋を起こしています。
2009年5月11日のインタビュー内容は「メキシカン・豚インフルエンザは人為的なもの」
「典型的な実験室人造ウィルス(a typical lab made artificial design porcine influenza virus)」
というものです。
ポーサイン(porcine influenza)はスワイン(swine flu)と同様に豚インフルエンザを意味します。
新型インフルエンザがなぜメキシコから? なぜA(H1N1)?
なぜメキシコ人の死者が圧倒的に多い?という疑問を持つ関係者は少なくありません。
ギブス氏(Adrian Gibbs)は75歳。引退してオーストラリア在住。
現役時代はタミフルやリレンザのオセタミヴィル(oseltamivir) 、
ザナミヴィル(Zanamivir)開発に主導的な役割をはたしました。
ギブス氏の発言にはバイオテロとの言及はなく、研究途上のミスとの見解。
発言は正式なものではなく、細かな立証データが公表されるまではWHOも仮説とみなし、コメントはしないとの事。
ただし、有力者の発言だけに無視できないWHOは、関係各国に調査依頼を出したようです。

 

2. メキシコ人に死亡者が多いのは?

メキシコは感染後の対応が遅く、貧しさゆえに治療が受けられず死者が多いと
いわれますが、反論も在ります。
メキシカン・ブタ・インフルエンザウィルスについては、すでにメキシコの関係者であるセルヴィン(セルヴァン)氏(Manuel Servín)から驚くべき発言があります。
セルヴィン氏はかっての国家ワクチン生産センター(National Center for Vaccines Production)の主任でした。
セルヴィン氏は
「このウィルスはメキシコ人などラテン系の遺伝子を持つ民族にダメージを与えるようデザインされたもの」
「それ故メキシコ人の感染者が重症になる」と発言。物議をかもしていました。
アメリカはバイオテロの脅威を身近に感じており、この種の研究は
メリーランド州のデトリック(Fort Detrick, Maryland)を中心に
非常に進んでいます。

 

3. メキシコとアメリカ合衆国との微妙な関係

新型ウィルスについては様々な憶測があり、時を経ねば真相はわかりません。
ラムズフェルド(Donald Rumsfeld)、ジョージ・ブッシュなどの右翼的勢力から
見ればメキシコは完全に敵国。
メキシコ政府はイラク戦争、アフガン紛争などに批判的であり、
政治的にはアメリカ合衆国との間に大きな壁があると言われています。
世界保健機構(WHO)の感染症部門は米国の疾病管理センター(CDC)そのものですから、
ギブス氏やセルヴィン氏の発言が認知されることは、あり得ないでしょうが、
今後の成り行きが注目されます。
タミフルの開発をしたギリアード社はラムズフェルド氏(Donald H. Rumsfeld) が
創業より参加して、1997年に会長となったことで知られます。

初版:2009/05/15

flag of Mexico

最終更新日 2021年8月3日

おすすめの記事はこちら