Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

金時山登山で今年も体力OK!:神奈川県足柄下郡箱根町

2014年8月22日

晴れた日に明神ヶ岳から富士山を背景にした金時山を見る

神奈川県箱根外輪山のひとつ金時山は標高1212mで最近のシニア、女性の山登りブームの中で
手ごろな対象として人気がある。
わたしも10年以上前から毎年真夏の8月に登っている。
湘南から近く半日で登ってこれる手軽さ、それでいてかなり険しい個所もあってタフな山であるが
登り切って見る頂上からの富士山や芦ノ湖の景色は素晴らしい。
私にとっては毎年の健康診断の一環の猛暑体力テストでもある。
そんな金時山登山にいつからか家内や義理の姉など同調して毎夏恒例の
にぎやかなアウティングになった。

 

金時山頂から見た仙石原と芦ノ湖

金時山登山はいろいろなルートがあるが我々のルートは仙石原の金時神社からスタートする。
ここが標高約600mであるから登りは600m.。
といっても馬鹿にできない勾配。金時神社にお参りして安全を祈ってから
記念撮影を終わればさあ本番の登山開始。
ヒノキ林の中を金時宿り石までが第1クール。
視界が開けて仙石原が一望できる明神ヶ岳への分岐点までが第2クール。
そして急こう配の頂上アタック第3クールと続く。
標準時間約1時間だがわれわれは・・・まあいいだろう。
まだかまだかを耐えて頂上に這い上がれば運が良ければ北に富士、南に箱根連山、
芦ノ湖の雄大な景観を楽しめる。

運が良ければ雲間から覗いた富士山頂が見れる

今年の山頂はガスの中

今年は残念ながらガスって見晴らしはあきらめた。
茶屋も2軒あって有名な金時娘にも会える。
かき氷が買えるからのどをいやすもよし金太郎の鉞バックに記念撮影もよし。
たっぷり休んで我々の帰途は同ルートを戻るのだがこれがランランランとはいかないでなかなかきつい。
年イチ登山の山ばあさん連には登りのツケが回ってつりそうになるから糖分、
塩分補給と杖は必須科目である。
登りはちょい苦しいが下りは滑るから怖いので油断ならない。
とにかく今年も登山道際の可憐な花たちに励まされながら、おしゃべりしながら、
冗談言いながら、歌いながら、全員登頂に見事成功。
これで今年1年いける自信がついたから来年も元気でチャレンジしたいものである。

神奈川県花のヤマユリと美しいヤマアジサイ紫式部に似た可憐な花も.

 

最終更新日 2021年8月7日

おすすめの記事はこちら