Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

ウェイン・ホールマン博士(Wayne Holman)とメルク社が開発 最新のCovid-19経口治療薬モルヌピラビル

開発途上の新型コロナ経口治療薬モルヌピラビル(molnupiravir)で「入院率が 半減との見出し」がテレビなどのメディアで注目されるニュースとなっています。 現在、多くの国で治験が行われており、1...

期待のモノクローナル抗体カクテル療法はVIP専用? 「カシリビマブ」「イムデビマブ」「ソトロビマブ」

1. 誰に投与されたか、いまだに不明なモノクローナル抗体カクテル療法 COVID変異株感染治療に抗体カクテル療法といわれる モノクローナル抗体の「カシリビマブ」と「イムデビマブ」 (casirivim...

ワクチン接種義務化(その1) 蘇る(よみがえる)太平洋戦争時の悪夢

各国ではワクチン皆接種を目指して強制接種の法を立案したり、 接種しない人の社会活動を制限すべく、乗車制限、入場制限に ワクチン証明書やパスポートなどを発行しています. 形を変えていますが、これは義務化...

第百二十五話:「野分・台風・ハリケーン・サイクロン」

昭和人間の筆者には「のわき(のわけ)」という古風で気取った 言葉は使えませんが、かといって、言いなれた台風には、タイフーンという 英訳があるので、これをアメリカで会話にしゃべっても通用しませんでした。...

ワクチン接種者の再感染がインド株(デルタ株)感染爆発を後押し

    ノギボタニカルでは皆さまのたゆまぬ努力に少しでもお役にたてるよう 情報収集に励みます。 情報記事では、より詳細な情報を欲しい方が検索しやすいように 出来得る限りキーワードの...

第百二十四話:「夏の大通りは歩行者天国」

「盛夏路上の図」という江戸時代の絵を見ました。そこに描かれているのは、 日本橋あたりの大通りの歩行者天国のノリで、何やら商売をしている者と、 楽し気な庶民の姿に興味を惹かれます。この道は活気にあふれ、...

インド株(デルタ株)の免疫逃避ウィルスL452Rの脅威 窒素ガス(NO)でデルタ株+、ラムダ株を無能にする

1. L452Rが特徴的なインド株2とインド株プラス 現在ベトナム、インドネシア、韓国、日本など東アジアで急増している 複合変異株はインド株2(デルタ株2:B.1.617.2)と インド株プラス(デル...

新コロナで再発:100年間以上続く日本の人命軽視社会: 血統(leanage)で呼ぶべき変異株の新たな展開

三密自粛策で表面上の感染者数は少なくなりましたが 多くの地域では変異を繰り返した死亡率の高い新種株が 大半を占めるようになりました。 新コロナによる死者は総計1万数千人と世界的には少ない数ですが、 狭...

大正生まれの湘南人「遠藤晴雄」さんと遠藤貝類博物館

  1.神奈川県真鶴町岩海岸の遠藤貝類博物館 神奈川県真鶴半島の西風を防ぐことができる東側には古くからの住宅地が広がり、 「岩」という海水浴場(写真上)があります。 1986年遠藤貝類博物館...

細胞老化と癌(その3): 癌のメカニズム解明はオステロポンチンが鍵 牛豚肉のシアル酸Neu5Gcが癌を誘発

    1. 細胞外マトリックス機能の解明が予防医学進歩に貢献する 近年は細胞外マトリックスが癌(がん)、肥満などの慢性炎症や 諸々の難治性慢性炎症性疾患のオンオフに重要な機能を持つことが解...

EC議会で暴露されたWHOと製薬会社のスキャンダル 2009年パンデミック(pandemic)の恐怖を煽ったWHO

ここで採り上げているのは2009年に日本の政治、経済と 医学界が先進国の巨大製薬会社のシンジケートに振り回された事件。 世界経済を破壊しかねない未曽有のパンデミックに苦戦する 現在も、当時と変わらぬ状...

COVID-19ワクチン製造に先行した ファイザー社とアストラゼネガ社の明暗

  免疫システムは個人差が激しく、ワクチンよる獲得免疫には落とし穴もあります。 ワクチンを接種したことにより、COVID-19が発症したり、再感染で 重篤な症状が出るケースも少なくありません...

細胞老化と癌(その8 ): 癌の増殖、転移を防ぐには:ミトコンドリアmtDNAの抗酸化 米国の億万長者は「終わりなき生命」研究に多額投資

がん化遺伝子を正常遺伝子に交換する技術や、抗体をがん化遺伝子と戦う抗体の ターゲットへの運び込み、一旦取りだして編集や強化後に元に戻す画期的な新薬や治療法が発表されるようになりましたが、癌(がん)はパ...

COVID-21C(SARS-CoV-2 Colony)時代の到来 遺伝子再集合で生まれた多重変異ウィルス蔓延の時代

1. COVID-21C時代の到来 2021年の春を待たずにCOVID-19(SARS-CoV-2)が大変異。 慌てて武漢型のCOVID-19ワクチンを接種しても、役に立たない人が続出する可能性が 懸...

リアソートメントウィルス(遺伝子再集合)とコロナウィルス リアソータントウィルス(合併結合変異ウイルス)と呼ばれた時代の終焉

(3年前のイントロダクション) 2018年のインフルエンザの流行は日米でこれまでにない拡がりをみせています。 ウィルスの詳細な報告はありませんが、ワクチンが普及していることを考えれば、ウィルスが 微妙...

長寿への意欲がCOVID-19変異株の最強防御策 グルタミン代謝酵素グルタミナーゼ1の阻害

1. 対応策が見いだせないCOVID-19の変異株 新型コロナウィルス(COVID-19)の前例がない長期間にわたる 感染の世界的な広がりで、変異株ウィルスに幾つもの新株や亜種が 出現しています。 過...

第七十一話:「マスコミの誤情報・偽情報や偏見論を見極める」

アメリカの主要メデイアによる反トランプ報道とそれに対抗するトランプ陣の報道合戦は、 ポスト・トゥルース(脱真実)という新語の横行する不可思議な世相を生み出しております。 我が国においても、朝日新聞が吉...

緊急需要対応ワクチンに「革新的新技術」は不要 JAL御巣鷹山事故:P&W社製エンジンの教訓

1. 緊急承認ワクチンは限定使用が本来の目的 2月17日から接種が始まったCOVID-19ワクチンは 最初に日本に到着したビオンテック社(ファイザー)製の 緊急承認ワクチン。 世界初の「革新的新技術」...

アメリカ(USA)人は、なぜ次世代ワクチンを嫌う 合成化学製品大国だからこその医薬品への不信

永い戦いが予想されるCOVID-19 医薬品、農薬に無関心な日本人の国民性を変えるチャンス 合成化学製品大国のアメリカに学びましょう   1.アメリカ(USA)人は、なぜ次世代ワクチンを嫌う...

長寿社会の勝ち組となるには(その46): 危険なアミノ酸バランスの崩壊: 継続的合成アミノ酸摂取と医薬品による腎臓障害の多発

横綱が全て欠場し大関も複数が欠場している2018年の大相撲九州場所。 2021年も同様でした。 筋肉質の関取が少なくなり、いわゆる肥満体のオンパレード。 プロ、アマを問わず日本人スポーツ選手が安易な合...

News!

自己免疫力強化の最強対策は白血球などの免疫細胞内に存在するカテリシジンの活性化。    

 

 

「護児健食」
令和時代は子供たちを危険な食品、医薬品、汚染された大気から護る情報を発信します
現在の子供たちが20年~30年後に発症が予想される危険物質に包囲されているからです

 

 

トクホが認めた確かな素材エパフレッシュ:合成原料は一切使用していません.
天然魚油から1カプセルでシス型オメガ3脂肪酸を約1000㎎摂取できます。
トランス脂肪酸フリーの天然シス型オメガ(EPA/DHA)、4種以上の天然ビタミンE、
血管強化に必須な天然ビタミンDなど魚油成分の全てを豊富に含有しますから最高の効果と安全性.
「インスリン感受性促進を仲介するGPR120Gを魚油が活性化」

「ナイトロパワーDSP」はこちら。 「ブドウ・レスベラトロールとL-シトルリンのコラボレーション」

「ビーポーレン!類例が無い、驚くべき多様な活性物質」

オレンジの花粉は危険が指摘されているスギ花粉摂取とは異なり 強精強壮の薬用食品としての歴史が数千年.

強精強壮、花粉症対策で長期摂取する安全性は世界が認めています. 顆粒状で薫り高く、美味しいために、20年以上愛用されている方がたくさんおられます.

 

糖と戦う方の負担を軽減するために天然オメガ3と天然セサミンを組み合わせた
超お徳用セット.Mサイズ(1ヶ月分)、Lサイズ(3ヵ月分:ブランドは戦糖力).
リニューアルによりエパフレッシュMサイズが40粒、Lサイズが120粒に増量となりました.
合成原料は一切使用していませんから魚油の脂肪酸類、ゴマ油の脂肪酸類、
ビタミン類の全てを含有し、トランス脂肪酸フリーで細胞の活性化に役立ちます。